デスクワークが続く日々を送っていたことから、頭の中がどんどんと鈍麻になっている感覚がしていました。それによって日々の仕事の能率も悪くなっている気がしていましたし、それと同時に日常生活の動作そのものが機敏にできないという状態にも陥っていく気がしていたのです。そのような状態に不安を感じたこともあり、家に帰ってから少しだけご飯の時間を早くしてジョギングをする時間を作りました。それによって、少なからず私の感じる感覚に良い変化が生まれたのです。

プロテイン

その変化は、頭の中がクリアになるという感覚です。ジョギングを始めたその日から既に気分がスッキリする感覚を得られたのですが、そのジョギングを毎日続けることによってそのスッキリする感覚がどんどんと増していき、一ヶ月くらい経った頃にはデスクワークばかりの生活になるより前の身体的感覚を取り戻すまでに回復しました。

中枢神経系原発悪性リンパ腫|東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科

ジョギングは世間一般で言われているところの有酸素運動の1つになります。ですから、身体に効率良く酸素を取り入れられる他、血流そのものの改善を行ってくれるというメリットがあるのです。さらに、運動をすれば気分が爽快になりますので、その心理的効果からも頭がクリアになってきたのかもしれません。また、気分が良くなれば頭の働きをスムーズにするためのホルモンや神経伝達物質が多く分泌されるという話もありますので、それらも大きく関係しているのでしょう。

ReproNeuro DA™ ヒトiPS細胞由来ドーパミン作動性神経 | ヒトiPSC由来 神経細胞 | iPS細胞創薬支援 | 株式会社リプロセル

今現在も相変わらず日中はデスクワークを行っていますが、家に帰るとジョギングも継続していますので日中の仕事からくる疲れや脳の疲労は適切に解消できています。ですから、常に頭がクリアな状態で豊かな日常生活を送れているのです。