世間には、冠婚葬祭を中心に様々に贈り物を行うタイミングが存在します。誰もが分かりやすいところで言えば、結婚の際に贈る「結婚祝い」や、真逆のもので言うならば、哀悼の意をお伝えする意味を持つ「お香典」などがあるでしょう。これらそれぞれの贈り物には、贈る側から贈られた側へ、その時に伝えたい何らかの意志が込められています。

食品需給研究センター|日本短角種生産費調査

どうにも誤解されがちな一面はあるのですが、それぞれの贈り物にいわゆる「世間的な金額の相場」が存在するのは、そのギフトを贈る意味合いから、「これくらいの金額が妥当であろう」というところが基点になっています。よく、「出産祝いだったら一万円くらいじゃない?」と、イベントによって金額を自動的に算定するような向きがありますが、本来は「伝えたい気持ちによって金額は決められるべきもの」であると言えます。

長崎県肉用牛改良センター トップ

残念ながら最近では、この贈り物の金額的な相場さえ守っていれば、何を贈っても構わないと考える風潮が一部で見られます。ですが、贈られた側の気持ちを考えずにいい加減な贈り物をするくらいなら、実はしないほうがいいのです。
極端な例ですが、例えば男の子が生まれたご夫婦に、もしも間違って女の子用のベビー服を贈ってしまったら、喜ばれるどころか、逆に常識を疑われかねません。これならむしろ、贈り物などしない方がまだマシなのです。

ギフト・贈答品に米沢牛・山形牛

このように、相手に何かのギフトを贈る場合は、向こうの都合や状況をよく考えてから、品物を検討することをお勧めします。